フルカラー印刷に対応するトナーカートリッジ

最近のオフィスでは当たり前の存在となった印刷機器は、プリンターや複合機と言った名称でオフィスにとって必要不可欠なものになってきています。オフィスの作業効率を高めるためにも重要なものとして位置づけられており、どのオフィスにも何かしらの形で導入されていると言えます。 その様なOA機器もかつてはモノクロ印刷が一般でしたが、近年ではフルカラーに対応したモデルが普及しており、印刷関係ではない一般企業でも普通に取り扱うようになってきています。またビジネスの現場では家庭用とは異なり、インクではなく粉状のトナーを使用するタイプが人気を集めており、高速大量印刷に対応できるというメリットが注目を集めています。ビジネス用のモデルとしてはこのようなタイプが主流となっています。

一般的なフルカラー印刷は4色を使って表現します

フルカラー印刷は最近では普通の機能になってきています。その様な印刷に対応するために消耗品はモノクロの場合とは異なり、4種類を組み合わせて印刷するというのが基本的な仕組みとして知られています。具体的には赤、青、黄、黒の4色を組み合わせて全ての色合いを表現します。この様な仕組みがすでに一般的になっているのです。 メーカーによってマゼンダやシアン、イエローなどの様に様々な呼び名がありますが、基本的に3原色を組み合わせてフルカラーを表現することが出来るのがトナータイプの特徴となっています。基本的には一般企業向けにはこれらの組み合わせが基本となっており、一般的な印刷物に対しては問題なく対応することが出来るようになっていると言えるでしょう。この様な仕組みが人気を集めているのです。

最近ではカラーを超えた特殊な印刷でも大活躍

業務用でもハイエンドのモデルになってくると様々な表現が出来るようになってきています。鮮やかな色で表現出来たり写真の印刷も得意とするのが上位モデルの特性の一つであると言えますが、クリアトナーと呼ばれる特殊な消耗品が近年注目されるようになってきました。デザインの幅を広げる新しい技術として注目されています。 これは透明な層を印刷することが出来る特殊なものであり、凹凸のある印刷を実現することが出来ます。この様な印刷物は現在でも印刷会社などの様な専門業者に委託して作るものであるというイメージが残っていますが、実際には一般企業向けの製品の中にも新しい技術が浸透し始めています。一般的なモデルではここまでの対応は不可能ですが、印刷技術の進化はより深い部分に進んで来ていると言えるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加