メーカー品とリサイクルトナーの違いは

プリンターを使用する際には消耗品としてインクを補充する必要があります。インクジェットプリンターの場合には液体のインクが用いられますが、レーザープリンターの場合には細かい粒子を付着させるトナーが使われています。プリンターメーカーとしては、純正品の使用を求めていますが、実際のところ価格は高額で1枚あたりのコストが高くなります。これは安価なプリンターでも高価なプリンターでも同様です。これら消耗品のコストを抑えようと思った場合にはリサイクル品を利用するといった方法があります。 リサイクル品といっても純正品に負けない品質がありますし、高画質の写真でなければ十分に使用に耐えます。またレーザープリンターなどの場合にはリサイクル品でも作動保証や不具合が発生した場合の保証などをしているところがあるなど、トラブルが発生した際の対応も充実しています。

プリンターのランニングコストを抑える

プリンターのランニングコストを抑えるために消耗品を純正品以外にするといった選択肢がありますが、純正品以外にもいくつかの選択肢があります。純正品を真似て作られた社外品がありますが、日本ではリサイクル品がもっとも支持されています。リサイクル品では使用済みのカートリッジを回収して清掃し、問題のあるパーツがあれば交換され、インクが充填されます。リサイクル品の需要は高いため大規模な工場で生産されていますが、純正品と比べると格安で購入することができます。 一方でリサイクル品が多く流通しているのは売れ筋の機種が中心になります。このため型式の古いものなどはあまり流通していない場合があります。いずれにしてもプリンターのサポート期間内のメーカー品であればリサイクル品を手に入れることができます。

リサイクル品を選ぶ際のポイント

リサイクル品を選ぶ際のポイントは品質です。コストを下げるためにリサイクル品を選ぶわけですが、あまりにも安い場合には回収したカートリッジの清掃や修理などにコストを掛けていない可能性があり、不具合率が高い傾向にあります。これらを避けるためには評判の良い信頼できる会社が販売しているものを選ぶのがポイントです。特に保証期間が最低でも1年以上であることが望ましいといえます。またリサイクルトナーを使うことによってプリンターが故障した場合の修理費の負担についても明記されているかが重要です。 なお、リサイクルトナーの初期不良は2、3%程度あると言われています。これは純正品が1%程度であるのに対すれば高いですが、製品としては許容範囲内とも言えます。またインクも微妙に異なるためメーカー純正品と比べるとややカラーの色合いが変わるケースもありますが、モノクロであれば純正品とほとんど変わりません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加