トナーの注文時のポイントについて

複合機やコピー機を導入しているオフィスは多いと言えるでしょう。レーザー機器は複合機やコピー機だけでなく、ファックスやプリンターなどもあります。
尚、プリンターにはインクジェット方式とレーザー方式の2種類がありますが、印刷品質を求める時にはレーザー方式、文章やレイアウト校正を行う時にはインクジェット方式などのように使い分けをしている企業も多いのではないでしょうか。
レーザー方式のインキは粉状のトナー、インクジェット方式のインキは液体のインクカートリッジなどの違いがありますが、カラー対応機などの場合は、インキ1つの残量がゼロになると印字が出来なくなるので予め注文を行い、予備品を用意しておくのがお勧めです。
最近は、ネット通販店を利用して購入が出来ますが、値段などが販売店で違うので安いお店を探しておくようにしましょう。

新品は純正品ですが、リサイクル品にも純正品があります

ネット通販店を利用する事で消耗品でもあるトナーを注文する事が出来ます。複合機やコピー機、レーザープリンターの利用頻度が多い場合には常に1つの予備品をストックしておくのが基本です。1つでも残量がなくなると、交換するまで印刷やコピーが出来なくなるからです。
尚、購入する商品は大きく分けると新品とリサイクル品の2種類があります。一般的に新品はメーカーの純正品、リサイクル品はメーカー以外の会社が製造販売を行っている互換品などのイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、リサイクル品の中にはメーカーが空きカートリッジを回収し、分解洗浄を行う、消耗部品を交換してメンテナンスを施した純正のリサイクル品もあります。
純正のリサイクル品は信頼性が高く、値段が新品よりも安い事からも導入するオフィスが増えています。

通販サイトを利用して購入する時の送料や保証について

従来リサイクル品は装着して使用している中で、粉が漏れてしまい内部を汚してしまう、OA機器の故障に繋がるなど、リサイクル品は利用しない方が良いなどのイメージが定着していました。
しかし、最近のリサイクルトナーは技術が進化した事からも、こうしたトラブルが少なく安心して注文が出来るようになっています。
但し、お店を選ぶ事は大切で、信頼出来るお店を選んでリサイクル品を購入する事がトラブルを起こさない秘訣です。
尚、通販店を利用して購入する時には商品をオフィスに送って貰うための送料が別途掛かります。しかし、送料を無料にしているお店やリサイクル品の保証を行っているお店を選んでおけば、無駄な手数料が発生しませんし、信頼出来るリサイクル品を使い続ける事が出来るメリットもあります。

リサイクルトナーの長所は、そのお手軽なコストに御座います。純正、汎用トナーと比べて非常にお安い値段でご利用できます。 これからの時代は何でもリサイクル商品ですが、リサイクルトナーやインクなら是非豊富な品数に実績を誇るこちらをご利用下さい。 当社のリサイクルトナーは、厳しいすべてのテストに合格した製品のみを取り扱っております。 トナー・インクをお探しなら「インクスポット.jp」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加